お知らせ
お知らせ
作成日:2019/01/29
中央教育審議会が教員の勤務時間等の方策を文科相に答申



平成31年1月25日、中央教育審議会が公立学校の教職員の時間外勤務の上限を月45時間・年360時間とする「公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドライン」の順守を柱とする働き方改革の方策を、文部科学大臣に答申しました。


     教員の業務の削減の具体的な目安を提示することで、本務である授業以外の学校業務を整理し、教員が担うべき仕事の明確化と適正化を促しています。
例えば中学校で、休み時間の対応や校内清掃に地域人材を活用すれば年間約100時間削減可能、部活動指導などに外部人材を活用すれば年間約160時間削減可能など・・・


   現状、地方公務員は「1年単位の変形労働時間制」が認められていませんが、夏休み期間のある学校現場の事情を踏まえ、日々の業務の削減を徹底して図ることを前提に「適用することができるよう法制度上措置すべき」といった内容も含まれています。


     これを受けて、文部科学省は、答申に盛り込まれた施策を実行に移す姿勢を明確にしているようです。

詳くは、厚労省の資料をご覧ください↓

新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)


CONTACT

なんば社会保険労務士事務所

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町
1-1 大阪キャッスルホテル430号
Tel:06-6942-3450
Fax:06-6537-1825