医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2020/06/18
オンライン診療で薬剤を配送する際の留意事項

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う時限的・特例的措置として、現在、オンライン診療・服薬指導等が認められています。これに伴い、自宅療養中の患者等に対し、薬剤を配送(郵送)するケースが生じてきますが、これについて、厚生労働省より医療機関等に対し、留意事項が呼び掛けられています。

 薬剤の配送に際し、その薬剤の品質を保持し、患者に確実に届けられることについて、医療機関が責任を負うことになります。

 オンライン診療を実施する医師等は、薬剤の服用方法や保存方法等、薬剤の適正使用を確保するために必要な情報について患者に説明しなければなりません。

 更には、電話や配送状況の確認サービス等によって、患者が確実に受け取ったかどうかを確認することも求められています。

 また、感染防止の観点から、自宅療養中の患者やその家族には、特別な事情がない限り非対面の方法での受渡しを行うよう配慮することも、留意事項に含まれています。

 全文は以下のサイトよりご確認ください。


参考:
 厚生労働省事務連絡「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いにおける自宅療養中の患者への医療機関における薬剤の配送に係る留意事項について」PDF


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

CONTACT

なんば社会保険労務士事務所

〒540-0032
大阪府大阪市中央区天満橋京町
1-1 大阪キャッスルホテル430号
Tel:06-6942-3450
Fax:06-6537-1825